包茎手術の方法と特徴

包茎とは、亀頭が包皮を被った状態を言い、通常時でも勃起時でも亀頭が皮を被った状態をいいます。
真性包茎の場合は勃起した状態でも包皮から亀頭が出てこない状態であり、様々なデメリットがあるので、早めに手術を受けて改善しましょう。

包茎手術にも色々な方法があります。
包茎の状態は、皮が余った状態なので、手術の時には余った皮を切除する方法が一般的です。
その方法は当然切除になりますが、包茎の状態によっては切除しなくても解消できる場合があります。
例えば、陰茎が短くて包茎の状態になっている場合は、陰茎を長くする処置を行い、包皮から亀頭が出る状態を作ります。

手術法によっては、クランプ方式を行います。
この方法は、手術時間の短縮や出血を少なくするメリットがあり、医師の技術力で仕上がりの違いが出ないので、一般的に行われている術式となります。
しかし、この方法で手術を行うと、器具を使用してプレスする方法なので、表皮が固くなることにより、手術した部分がわかってしまうのがデメリットになります。

包茎手術は切る方法と、切らない方法があります。
切る方法は余った包皮を切除する方法になるので、手術が必要であり、性行為が出来るようになるまで時間が掛かります。
また、切らない包茎手術にも色々と種類があり、選択することが出来ますが、医師に状態を確認してもらい、どのような術式が良いのか相談するほうが確実に改善できる事は間違いありません。
近くの専門医に相談してみましょう。